水耕栽培

高麗人参の六年根とは

高麗人参の栽培方法が多少改善され容易になってきたのですが、それでも栽培に関しての期間や難易度が高く、安価で入手できることはありません。
高麗人参は、4年から6年の歳月をかけて栽培しているため、その土地の養分の殆どを消費して成長します。
そのためたっぷりの栄養を吸収し、万能薬と呼ばれる生薬に成長するのです。

高麗人参にも種類がありますが、それぞれでも違いや特色がありますので、購入する際には、それらに注意して入手するようにしておきましょう。
その種類では、紅参と呼ばれる物があり、高級品に属します。
紅参には、特に豊富なサポニンが含有されています。
製造方法は、人参を皮が付いたままの状態で蒸します。
その後乾燥させて完成です。六年根と同様に希少価値がありますから高値で取引されます。

六年根は、栽培を始めてから6年後に収穫された貴重な高麗人参であり、市場では最高級品と言われるほどの高値です。
その分栄養価はどの種類においても一番豊富と言われています。
その理由は、栽培方法と栄養価の違いがあります。
通常、高麗人参は栽培開始から収穫までの間に年数が必要であり、その根にもサポニンを蓄積するのです。
サポニンは、6年という歳月で蓄積されますが、それを過ぎてしまうと蓄積されたサポニンは徐々に失われていきます。
つまり、サポニンを蓄積できる限界が6年という事になり、これ以降の物は栄養価が落ちるという事態になります。
そのため、市場に出ている物に6年根にこだわる方が多いですが、価格は高めです。
その分効果が段違いですので人気があります。

いくら安くても高麗人参の効果が薄ければ買った意味がありません。
高麗人参は、価格で選ぶのではなく、品質で選択するのが基本であり、6年根が一番お勧めできるのです。
また、どうせ食べるなら美味しくしたいですよね。こちらの高麗人参のレシピも参考にしてみましょう。