水耕栽培

滋養強壮なら高麗人参

高麗人参の働きや効果を知って服用すると、より高麗人参に愛着がわくでしょう。
ここでは高麗人参の滋養強壮についてお話します。

高麗人参は、ウコギ科であり、多年草とも言われています。
原産国は中国であり、位置的には中国東北部から朝鮮半島になります。
日本の食卓に多く出てくる人参は、セリ科の一種であり、高麗人参とは全く別の種別になります。
この人参には言い伝えがあり、長寿の源の他に厄除けに使用されていたと言われているのです。
また、長寿の元であり、心臓、肝臓、肺等の臓器を活性化させるという言い伝えもあります。

高麗人参の不思議な働きが二つあります。
精神の興奮を抑える働きと、全く逆の興奮させる働きです。
精神沈静作用と、興奮作用の二つを併せ持っているのがこの人参なのです。
その効果を発揮させるのが、サポニンであり、これに含有する成分がジンセノサイドと呼ばれており、効果的には大脳の興奮状態を沈静化させます。
しかし、その逆で、体内の細胞や臓器に働きかけ、活力とエネルギーを与え、体を活性化する働きをします。
この作用により滋養強壮の効果を得る事が出来るので、漢方薬や生薬には滋養強壮や疲労回復効果と記されているのです。

滋養強壮と言っても、色々な効果や効能を意味します。
代表的な事では、消化吸収向上により、新陳代謝の向上、心臓の収縮力の強化などが滋養強壮効果と言われています。
これらの研究結果は、臨床実験により実証されている結果なので、これから高麗人参を服用しようと考えている方、
現在服用している方にも安心して継続または始める事が出来ますので、継続して健康な体を作りましょう。

しかし、逆効果になる場合があるので注意しましょう。
確かに高麗人参は、滋養強壮効果で長寿の源と言われていますが、それは適量摂取を継続した場合です。
過剰摂取は、動悸や不眠、頭痛の原因になるので、適量摂取を心がけるようにしておきましょう。
また、高麗人参と紅参の違いについても気になりますね。是非ご覧ください。